渋谷|炎色野 ひいろの|陶器展|焼締|唐津焼き|個展

TOP|渋谷|炎色野 ひいろの|陶器展|焼締|唐津焼き|個展
MENU|渋谷|炎色野 ひいろの|陶器展|焼締|唐津焼き|個展
個展・企画ご案内
年間・個展スケジュール
常設作家と作品
逸   品
個展・企画ご案内
個展・企画ご案内

□池西剛 作陶展 
1961年 大阪府に生まれる。
     各地にて日本、朝鮮、中国の陶磁、 
     古陶磁を学ぶ。
1993年 愛媛県今治市に五連房登り窯を築窯。
     以後個展にて作品を発表。
2012年 岡山市和気町に工房を併設。

今回で五回目の個展になります。
池西さんのやきものに対する深い追究心探究心は変わらず、毎回感心させられます。
今回も窯焚きごとの課題を解消すべく土、釉薬、形、焼きを変えての黄瀬戸・青磁など新作が揃います。
ご覧頂けたら幸いです。
   
吉野靖義作陶展 下

4月21日(金)〜4月26日(水)
12:00〜18:00 最終日15:00迄
期間中無休
21,22,23日作家在廊



□垣内幸彦漆芸展
「古盆再生」は、ここ数年垣内さんが取り組んでる仕事です。
古盆は現在では作り得ない上質の素材を使い手馴れた職人技で作られています。そのままだと朽ちてしまうところを手間と時間をかけて使える盆として再生させています。
また、オリジナル作品として合鹿椀、汁椀、そして今回は今までにない形で酒器を作って頂きました。ご高覧いただけたら幸いです。
吉野靖義作陶展 下
5月5日(金)〜5月10日(水)
12:00〜18:00
最終日15:00迄

期間中無休・作家在廊

□沖康史作陶展
1948年和歌山市に生まれる。
1970年大学在学中に茶道に出合い、陶芸に興味を持ち、造形を学ぶため米国に留学。
1973年高野山麓上天野の地に登窯、穴窯を築く。
以降伝統技法を用い独自の線と形のこだわり焼〆陶の制作を続ける。
沖さんの作品に出合ってから20年近くになります。
当初から今に至るまで、変わらずの品格の中にどこか遊びを取り入れた作品は、器や道具としても使えるところが魅力です。
焼〆陶にこだわり、手びねりで作られた茶碗やぐい呑はシンプルで手に優しく収まり、あえて焼きを抑えた表情は長く飽きずに育てられる楽しみがあります。
新作が揃います。ご高覧頂けたら幸いです。

吉野靖義作陶展 下
5月19日(金)〜5月24日(水)
12:00〜18:00
最終日15:00迄
期間中無休 作家在廊


COPYRIGHT(C) Hiirono. All Rights Reserved.