渋谷|炎色野 ひいろの|陶器展|焼締|唐津焼き|個展

TOP|渋谷|炎色野 ひいろの|陶器展|焼締|唐津焼き|個展
MENU|渋谷|炎色野 ひいろの|陶器展|焼締|唐津焼き|個展
個展・企画ご案内
年間・個展スケジュール
常設作家と作品
逸   品
個展・企画ご案内
個展・企画ご案内

□多久守作陶展
1952年岡山県生まれ。
1988年現在地に半地下式穴窯を築窯。
その昔、備前が得意としていた「緋襷」その わび、さびを感じさせる枯れた感じの緋襷を追及し続け、年々その強い思いに確実に近ずいていると思います。
昨年からのしっとりとした伊部手の作品も。

備前の素晴らしい土味を是非お手に取って感じていただけたら幸いです。



吉野靖義作陶展 下


10月19日(金)〜10月24日(水)


12:00〜18:00
最終日15:00迄
期間中無休
19(金)20(土)21(日)作家在廊
作家在廊






備前大壺  


●池田省吾の個展の日程12月8日(土)からに変更いたしました。    

□渡辺愛子作陶展
渡辺愛子の作品の魅力は渡辺愛子自身の魅力を反映していると思います。
その魅力は彼女の持って生まれたものと、数々の経験と日々の努力と猛烈な探求心と好奇心と・・・
作品に説明はいらないと思います。
今年もその魅力を お楽しみ頂けたら幸いです。     
吉野靖義作陶展 下
11月9日(金)〜11月14日(水)

12:00〜18:00
期間中無休
作家在廊
   

最終日15:00迄











          
伊賀花入れ
h23×w22       

□今西公彦作陶展
1971年兵庫県丹波立杭生まれ。
初めて今西さんの作品を手にした時、まず造形力のある作家だと思いました。
そして期待できる何かを持っているとも。
それから数年、回を重ねるごとに、古丹波を継承しつつ今の丹波を牽引出来る作り手だと確信出来るようになりました。
古丹波への挑戦、土、焼きへの強い思い、ひたむきさ・・・
今、彼は背負うにはあまりに大きい「古丹波」を苦しみながらも実は楽しめるところに居る、それがとても大切なことだと思えます。
今西丹波、揃います。
ご高覧頂けたら幸いです。
吉野靖義作陶展 下

11月23日(金)〜11月28日(水)


12:00〜18:00 
最終日15:00迄
期間中無休
作家在廊









                   

COPYRIGHT(C) Hiirono. All Rights Reserved.