渋谷|炎色野 ひいろの|陶器展|焼締|唐津焼き|個展

TOP|渋谷|炎色野 ひいろの|陶器展|焼締|唐津焼き|個展
MENU|渋谷|炎色野 ひいろの|陶器展|焼締|唐津焼き|個展
個展・企画ご案内
年間・個展スケジュール
常設作家と作品
逸   品
個展・企画ご案内
個展・企画ご案内

□垣内幸彦漆芸展
1955年輪島市に生まれる。
1975年から沈金師に10年間師事し、同時に輪島漆芸術研究所に3年間学び、卒業後は古代塗に興味を持ち独自で始める。
垣内さんの漆は傷つきにくく、日常的に使え、使えば使うほど自然なつや、味が出てきます。毎日使う汁椀、合鹿椀などをはじめ、口あたりが良いので酒器にもお勧めです。
ご高覧頂けたら幸いです。 


吉野靖義作陶展 下


3月23日(土)〜3月27日(水)
 12:00〜18;00 
  最終日15:00まで
  期間中無休
  作家在廊


 

   

□戸田優美子陶展
1967年愛媛県生まれ。
1998〜2009年池西剛氏に師事する。
一昨年紹介させて頂いた戸田さんの作品の特徴である刳り貫きという技法の完成度の高さに加え、今回は織部という色の美しさ、奥の深さを更に感じさせる優美で繊細な景色の轆轤成形の作品も揃います。
名付けて「曜変織部」 形と釉のバランスの妙…。
お楽しみ頂けたら幸いです。 
吉野靖義作陶展 下
4月6日(土)〜
     4月10日(水)

12:00〜18:00
期間中無休
6・7日作家在廊   
最終日15:00迄


曜変織部酒盃
H3.9×w8.3×7.7
織部茶碗
H9.4×w13.3×11.4

                

□池西剛作陶展
1961年 大阪府に生まれる。
      各地にて日本、朝鮮、中国の
      陶磁、古陶磁を学ぶ。
1993年 愛媛県今治市にご連房登窯
      を築窯。
       以後個展にて作品を発表。
2012年 岡山県和気町に工房を併設。

今年で6年目、8回目の個展になります。
作品をちゃんと拝見したのは10年ほど前になりますがその時は主に備前と少しの黄瀬戸と、初めて出したという黒が1、2点でした。
その時感じたのは完成度の高さでした。
作品の種類、名称は変われど、今もなお全く変わらないのがその完成度の高さです。まさしく、池西さんという作り手は初めから完成度の高いものを出していたのです。
そして毎回完成状態が変わって出て来るので・・・また完成度の高いという言葉を使わさせられてしまいます。
その基盤はもちろん限りなく豊富な資料と研究そして集中力、エネルギー・・・
だからこその結果です。
今回は2年ほど前から御覧頂いている黄野が表情を変えて、面象嵌、そしてもちろん黄瀬戸など、御覧頂けます。
楽しみにお出掛け下さい。
吉野靖義作陶展 下
2019年
4月20日(土)〜4月24日(水)


12:00〜18:00 
最終日15:00迄
期間中無休
20(土)21(日)作家在廊
 

青瓷象巖雲鶴文瓶子
h22,4 w16.9

黄野四方酒盃・片口              

COPYRIGHT(C) Hiirono. All Rights Reserved.